消費者金融系

消費者金融とは個人に対して比較的少額の貸し付けを行う貸金専門の業者のことである。

 

事業者向けの融資を行ってきた銀行に対して生まれた言葉であるが、以前は会社員が融資を受けることが多くサラリーマン金融と呼ばれていた。サラ金と言う名称がその略称であるが、1部の業者が出資法ギリギリの利率(29.2パーセント)で貸し付けたり、ザルどころかワクとしか呼びようがない緩い与信での貸し付けを行ったりしたため高利貸しのイメージが付きまとうようになってしまった。

 

事態を重く見た貸金業の団体がサラ金と言う呼称を使わないでほしいと申し入れをし、代わりに使われるようになった名称が消費者金融である。

 

実際に、主婦等それまでは借入をしないと言われてきた人達への融資も弗ようになってきたため、サラ金と言う呼称はイメージの良しあしを問わず、時代に即さない代物になりつつある。

 

消費者金融と言えば、取り立てが厳しいと言うイメージがあるが、従業員の評価を契約もしくは返済された額に比例させる制度を1部の業者がとっていたために起った事である。

 

現在では法の規制により恫喝、脅迫、借入の押しつけを行った業者が厳しく罰せられるようになったので態度の悪い業者に遭遇することはとても少なくなったと言われている。

 

消費者金融は比較的与信の基準となる項目が少なく、借りやすい業者だと言われているが、その分金利が高くなりがちだと言う指摘もある。しかし、銀行などを母体としている業者が増えてきており、低金利で審査が早いと言う銀行と消費者金融双方のいいとこどりをしたような特性を持つ業者も少なくない。