支払い方法の種類

業者のサービスが多様化した今では返済の方法も様々なものが用意されていて、借り手側の都合に合わせて好みの方法を選べるようになっている。支払の期限によっては利息が低くなる、或いは無利息になるサービスを行っている業者も多いので支払い方で貸し手を選ぶと言う方法もある。

 

借入金の返済法には直接店舗に赴いて支払う持参払い、口座引き落とし、ATMで振り込むなどのものもあるが、誰にでも使えて手間がかからないのが銀行の口座から自動で引き落としをしてもらう方法である。

 

特に定額式の支払い契約をしている場合は、毎月支払う額が同じなので自動引き落としの利便性は高い。

 

ただ、1円でも足りない場合は残高不足として引き落としがされず、利用資格の停止処分を食らうことがあるので注意が必要だ。利用資格停止と言っても信用情報の瑕疵登録(いわゆるブラック入り)ではなく、支払いを行った後ある程度の時間が経てば解除されるので不必要に動揺することは無いが、あまり度重なると持参払いへの変更やカードの返却を求められることがあるので注意が必要だ。

 

特に公共料金の支払いと同じ口座を引き落とし用の口座として指定してしまい、支払いの期日が重なっている状態だと、何かあった時に借入が止まって他の物も支払えなくなることがあるので借入専用の口座を作った方がよい。

 

インターネットバンキングを使用しても返済は行え、時間や場所を選ばすに返済ができることから人気を博している。どの手法を選ぶにせよ、自分が1番払いやすい方法を選び、お知らせメールなどのサービスを利用して確実な返済を行うことが大切である。