おまとめローンとは

借入はその融資先である業者の数が多ければ多いほど様々なリスクをはらんでくると言われている。

 

ちりも積もれば山となる、の原理で何社とも契約していると支払う利息の総和が多くなるのは当たり前だが、貸金業法の法定利息の上限は20パーセントを最高として借入額に反比例するようになっているため、少額ずつ借りることは1社ごとの増えることにもつながり、借り手側にはあまりいいことではない。

 

また、何社も借りていることで自分がいくら融資してもらっているか、いつまでにいくら返せばよいのか分からなくなってしまい、支払いそびれや支払い不能につながってしまうと言う問題もある。

 

多重債務者の中には支払いの為に銀行を往復するだけで1日の時間の相当量を費やしてしまっている人も多く、複数社から融資を受けることは効率的にも問題があると言える。

 

そこで、複数社からしている少額の借入を大口の融資をしてくれる業者からの借入で返済することで支払いによる負担を軽くするために作られたサービスがおまとめローンである。

 

総量規制によって年収の3分の1を上回る融資、また月収の3分の1以上の返済を月々する契約は貸金業者では行えなくなったため、多額の借入が必要になるおまとめローンの母体は総量規制の枠組み外で資金が豊かな銀行などであることが多い。

 

まとめることで返済は楽になるが、支払いが長期化する、結局は新たに借入している状態にしかならないと言う声もあるので、正負両面を見てサービスを選択したい。