家族カードとは

専業主婦がお金を借りるときには、その都度夫の収入を証明し(額によっては不要な業者もある)返済の能力があることを示さなければならないのでなかなか厄介である。

 

借りたい額が少額で家計主たる収入の担い手、多くの場合は夫、が同意してくれる場合にはクレジットカードの家族カードのキャッシング機能を利用して融資を受けることも可能である。

 

クレジットカードを契約して使う人は本会員と呼ばれる。その本会員の持っているサービスの利用権利を家族にまで拡大したのが家族カードである。

 

本会員になっている家族の承認を得なければならない、クレジットカードの付帯サービスにしか過ぎないので利用限度額が低くなりがちだと言う難点が家族カードにはあるが、主婦と言うことで融資を断られ続けた人は試してみる価値があるだろう。

 

家族カードでキャッシングをする際に注意をすべきことは、本会員と利用限度額を分け合わなければならないことである。

 

利用限度額はインターネット等で随時閲覧できるので借入の前に必ず確認しておくとよいが、本会員と家族会員が同時にキャッシングを使うケースもないとは言えないので、本会員には別のカードでキャッシングしてもらう等の取り決めをあらかじめしておくとよい。

 

トラブルを防ぐためには本会員に利用限度額を設定してもらう、支払いの履歴は必ず見せる等の誠意を普段から見せておくことが必要である。

 

無論、銀行系など収入の証明がいらない業者から借入ができるのならば、そちらの方が金利が安いので返済が楽だが、どうしても借りたい場合は家族カードの存在を思い出してみるとよいかもしれない。