借入とは

借入とは銀行やキャッシングサービスの提供元などからお金を借りることである。時に物を借りることをも借入と呼ばれることがあるが、レンタルと言うカタカナ語が普及した現代ではあまり使われなくなっている。

 

経済学の世界では借入は間接金融と言う経済活動に区分される経済活動の1つである。資金を欲しがっている人が直接資金の提供者と契約を結んで資金を融通することを直積金融と呼ぶのに対して間接金融はお金を借りる人と貸す人の間に仲介する人や業者が存在することが特徴となる。

 

直接金融の融資を行うためには自分の手元にそれ相応の資本があることが必要で、商売の成否はいかに資本を獲得するかにかかってくるが、間接金融の制度のもとでは必ずしも多額の資金が必要になるわけではない。

 

キャッシングの業者は母体となる銀行の資本や今までにお金を返してくれた人の利息分を使って、お金を必要な人に貸していることが多いため、立ち上げ資本が少ない業者も多い。

 

物の見方を変えると銀行の預金者や貸金サービスの提供者からサービスの享受者にお金の流れを橋渡しするのが金融業の仕事だと言える。

 

間接金融のメリットは仲介者が存在することでお金の流れが明瞭になり、利息や返済法などにまつわる決め事がスムーズに運ぶと言う点にある。貸し手側の負うリスクが軽くなるので融資を行いやすく、借り手側もお金を借りやすくなるのである。

 

ただし、関わる業者が多ければ多いほど返済の焦げ付きがあった時に影響が及ぶ範囲が広くなると言う難点をも間接金融は抱えている。