金融業者の種類

金融業者の種類は多く証券会社、保険会社、銀行、信用金庫、農協、郵便貯金(ゆうちょ)、クレジットカードの発行元である信販会社、消費者金融等をあげることができるが、私たちが普段お金を借りるときに関わる業種は俗に貸金業と呼ばれるものである。

 

貸金業とは文字通り、人にお金を貸してその対価として利息を得ることで営業する企業のことである。銀行や質屋なども一般消費者にお金を貸してくれると言う点においては貸金と言えるが、銀行は銀行法、質屋は質屋営業法によって規制されるため、純然たる貸金業と呼べるものは消費者金融(但し資本に銀行の関与がない)とキャッシングサービスを行っている時の信販会社等に限られる。

 

銀行も消費者金融も信販会社も成り立ちや業務の方法が違うため、お金を借りるときの条件は各々異なっている。

 

銀行のカードローンは元は経営者向けの融資のためであったものを消費者向けにしたサービスであるので融資の上限額が高く設定されていて金利が安い、消費者金融は名の通りもとから消費者の為に作られたサービスであるため、お金を借りやすく審査のスピードも速いが1回に融資を受けられる額が少なく金利はやや高めである。

 

信販会社の提供するキャシングは利用可能額がやや低め(キャッシングに特化したサービスではキャパシティが高くなっている)で金利も銀行ほど安くはないと言われているが、利便性が高いのでいざというときの備えとしてクレジットカードのキャッシング機能を利用している人は多い。