銀行系

ATMを通して主婦が受けられる融資の内、融資額の上限、金利の安さ、母体の安定性などに置いて他の業者よりも秀でていることが多いのが銀行の系列会社の行うカードローンのサービスである。

 

銀行系のカードローン、及びキャッシングはよく「総量規制の対象外だから主婦でも借りやすい」と紹介される。これは融資の流れを監視し、適正な取引を行うために業者を規制する法として貸金業法ではなく銀行法が適用される業種であるためである。

 

銀行法が適用される融資先としては、他に信用金庫や農協などがあるが、これらは他の貸金業とは成立のいきさつが違い、もとは行政が国家を豊かにするために作りだしたものなので規制のための法律も異なる。

 

総量規制は改正貸金業法の規定のひとつであるので管轄ではない銀行には適用されない。

 

改正貸金業法の施行で多くの金融業者が窮地に立たされたが、銀行に買収してもらい傘下に入ることで規模の縮小を免れた企業も多い。三菱東京UFJ系列のモビットおよびアコム、新生銀行カードローンレイクなどが代表例である。

 

この買収を切っ掛けに潤沢な資金と安定した構造を背景に審査が早く、かつ低金利で借りやすいと言うこれまでのキャッシングサービスには無かった利点を持った企業が登場しており、以前のように銀行系は金利は安いけれど借りにくいと言う決めつけはできなくなっている。

 

銀行系のカードローンは系列銀行の提携先のATMならばどこからでも返済ができるため利便性も高く忙しい人に人気がある。