フリーローンとは

キャッシングやカードローンの解説にはよくフリーローンと言う言葉が使われる。フリーローンとは、借入の目的を限定せず、借り手側が自分の判断によって好きなことに使える融資のことである。

 

通常お金を借りる際には万が一返さなかった場合損害を補填できるだけの価値のある担保を差し出さなければならない。

 

家、土地、株式、貴金属、家具等が担保物にされやすいが、中には保証人等他の人に返済を請求できる権利を貸し手側に認めることで担保とすることもあり、これは人的担保と言う。

 

フリーローンの中には担保を取るものと取らないものがあるが、前者の代表例が質、後者の代表例がキャッシングやカードローンなどのサービスである。担保がない貸付の場合、融資を行う業者が保証人をも兼ねているケースが少なくない。

 

一般に担保がある方がお金は借りやすいが、返せなかったときに質流れ等で現物を失ってしまうリスクをも負わなければならない。

 

フリーローンが使途を限定しない融資であるとは言っても、「何に使ってもいいからお金を貸します」と言う業者は少ない。業者側が特に使途を定めないと言うだけで、融資の申し込みの際には使用目的を参考までに聞かれることがあるのを覚えておこう。

 

回答の内容が与信に影響すると言う確たる証拠はないが、どの金融業者でも他社借入を補填するための借入を嫌がる傾向がある。おまとめローン等専用のサービスを利用すると他社借入の返済と言う理由でも融資を受けられる可能性が高くなるが、無理な借入れは禁物である。