どこから借りたらよい?

借入の貸し手の種類はこのサイトでご紹介している通りキャシング、及びカードローンと言ったお金の貸し借りだけに特化した業者でも銀行系、消費者金融系、小売流通信販会社系など複数のカテゴリに分かれている。

 

業務として人に融資を行い利息を取る場合は、法に定められた手続きに乗っ取って登録をしないと金融業としての営業許可を受けられないのが我が国の法制度であるが、2010年の段階で貸金業(銀行、質屋は含まれない)の登録件数は4400件を超えている。

 

お金を借りる際にはこの膨大な数の貸金業者から自分にぴったりのサービスを行っているところを探さなければならず、どこから借りようか悩んでしまう(何らかの事情で選択の余地がない人もいるが)かもしれない。

 

しかし、金利や返済方法、利用できるATMの数、融資希望額などの借り手のニーズを絞り込んでいくと融資元の候補は自動的に数社程度に絞られてくる。

 

特に雇用形態が正規ではない、もしくは収入を他の人に依存している人、つまり主婦の多くは正規雇用で自分の収入を得ている人よりも融資元の選択肢のバリエーションが少ないことが多い。

 

借入の状況は千差万別で経済活動にも個人の好みと言うものがあるのでどの業者がいいと安易におすすめすることはできないが、今まで借入をしたことの無い初心者が業者を選ぶときにはまず大手の公式ページにアクセスすることをお勧めする。

 

中規模、小規模の業者は大手のサービスを基準にサービスの内容を決めていることが多いためである。