クレジットとキャッシング

キャシングなどをよく研究している人の中には、クレジットカードについているキャッシングをあまり高く評価しない人が多い。

 

金利が銀行のカードローンよりも高い、あくまでもおまけのサービスなので利用可能額がどうしても低くなりがちだと言うこと、ひとつの会社から借りられるお金の量は限られているため、キャッシング枠とショッピング枠が許容量を奪い合い、どちらの機能も半端な蝙蝠のようなカードになってしまう可能性があることなどがその理由のようである。ただし、中にはキャッシング枠とショッピング枠がひとつの枠になっているカードもあり、支払いなどが楽だとして好む人も多い。

 

しかし、主婦にとってクレジットカードのキャッシング機能はある意味大変ありがたいものである。クレジットカードは使えるATMが多いこと、お金が必要になった時キャッシングにするかクレジットにするかを自由に選べることなど利便性が高いためだ。

 

クレジットが使える場所はショッピング枠を利用し、現金払いしか適用できない店舗ではキャッシングを利用すると言う風に使い分けるとよい。ただし、どちらも借入、つまり借金であることは念頭に置いておく方がよい。

 

主婦が借りられるキャッシングは残念なことに少ないが、主婦が作れるクレジットカードはそれに比べて多いと言われている。無論、中には主婦がカードを作れない業者も(しかも沢山)いるが、学生カードからそのまま使用を継続するケースなどの場合、通常より審査が簡単なことが多い。

 

ただし、クレジットカードにキャッシング枠をつけるには事前に申し込みが必要で状況によっては希望の利用額を得られないこともあるので注意したい。