安易な借り入れは避けましょう

最近の貸金業者は対応が丁寧且つ設備が綺麗なことが多く借入と言う言葉に以前付きまとっていたダーティなイメージは無くなりつつある。

 

しかし、ダーティであろうが、クリーンであろうが、借入による家計の補填はどうしてもお金がない時の最終手段であると言うことを忘れてはならない。借りたお金は帳簿の上では収入として計上できるが、将来その額を上回る支出をしなければいけないことは忘れないでおこう。

 

特に貸金業法が施行されて総量規制(別項参照のこと)が導入されるまでは可能だった1社の借入を他社の借入で返済していく付け焼刃の手法は現在ではまず通用しない。

 

借入は原則融資と返済のワンセットで完結すべきことであり、そこに再度借りると言う要素を付け加えてしまうと様々なトラブルに見舞われるリスクが高くなると言われている。

 

ATMを使ったキャッシングサービスの台頭で以前よりお金が借りやすい環境が整えられている日本社会だが、その分融資を受ける側の責任が重くなりつつあると見る向きも多い。

 

自分で情報を集めて判断する力「リテラシー」が借り手側に必要になっている。借入は法を順守している業者から適切な額を無理のない返済計画で借りる分には大きなトラブルにつながることは少ないと言われている。

 

リスクを恐れて借入をせずに経済的、精神的に追いつめられる状況に陥るのも考え物だ。しかし「少しだけ我慢すれば何とかなる」状況を安易な借入で解決するのはあまり好ましいことではないのは自明の理である。